<   2014年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

CG

前回に引き続き、現場にあまり影響されない系作品です。
ひとつ目は
「ファイナルファンタジー」

f0154325_7159100.jpg
えっ、ファイナルファンタジー?
…というと「ゲーム」のFFが真っ先に思い浮かぶ方が殆ど…
というか全員だと思いますが…これはゲームではありません。
といっても無関係では決してなく、共通したスタッフが作った映画なのです。

f0154325_772264.jpg
という言うわけで宣伝効果は、それなりにあったはずだし、
そして、スタッフの熱意も並々ならぬものがありました。
宣伝効果もあり、熱意も半端じゃなかった…
それなのに、どうして知名度は低い(売れなかった)のでしょう?

f0154325_735890.jpg
見れば分かりますが、内容のほうは斬新です。斬新すぎます!
しかしこの斬新さが逆にネックになり、評判が宜しくなかったのでしょうね。
平凡な作品なら、案外、逆に話題になったかも…
人気の下地はあったわけだから。

f0154325_761766.jpg
視聴者が引いちゃったんでしょね、突飛な物語の設定に。
私はいち作品としては、こういうのもありかなーと思いますが、
このネームバリューでは許されない事だったんでしょう。

ともあれ、なんと言っても私が注目して欲しいのはCGです。
2001年の段階でこのクオリティは凄まじいでしょ?

2つ目
「アバター」
f0154325_79513.jpg
ご存知、私が敬愛するジェームズ・キャメロン監督の大ヒット作品です。

f0154325_794796.jpg
この作品は、CGの部分が多いですが、
実写の部分もそれなりにあり、せいぜい半分CG作品という所なので、
ここで紹介するには不適切ということになるのですが、物語の展開を考えると、むしろ、ここでこそ紹介するべき作品だと思えました(察して頂けるだろうか…)。

f0154325_7101664.jpg
という訳で、日米のCG作品を紹介しましたが、物語自体もかなり個性的な内容で、
両国のCG映画の行く末を占う、あるいは占ってきた2作品であると言えると思います。

f0154325_7105160.jpg
まず日本の方は、非常に早い段階で最高レベルのCG技術に達していたということです。
そしてCG技術そのもので言えば、現在もトップを守ってるといって良いのではないでしょうか?
では、なぜその技術が日本の映画に活かされていないのか?
それは、「ゲーム」や「アニメ」などのいわゆる〝サブカルチャー〟にその技術が流れていってしまっているからです。もったいない話だと思いませんか?

米のほうの注目点としては、
キャメロン監督ほどの方が、これ程CG技術に特化した作品を作っているという事実です。
そして、彼以外の著名な監督らも、全編CG作品などに挑戦しています。
これらはいったい何を意味するのか?

「CG技術」とそれを駆使する「ゲーム」などの「サブカルチャー」。これらが、今後の映画界を左右していきそうな気配なのです。
[PR]

  by s_h_i_g_e_y_a_n | 2014-06-29 07:01 | 大作を違った視点で見る

WALL・E

今回は前回までと逆に、現場にあまり影響されない作品となります。
なにしろ、殆ど全編CGだ。

f0154325_5413313.jpg
「WALL・E」

以前「ショートサーキット」という名作を紹介しましたね。
その時、近日リメイクされるというお話をしました。
f0154325_542968.jpg
個人的にいつかいつかと心待ちにしたのですが、そんな時、この作品登場がありました。
おおっこれかと思ったのですが、これはディズニー作品。どうやら違うようです(まだかなぁ)
それにしても主人公の風体が、ショートサーキットのジョニー5にそっくりですよね。

f0154325_0265195.jpg
中身は心温まるハートフルストーリー…ってか、ラブストーリー。
ショートサーキットと違って、主人公はイレギュラー的に感情を持つに至ったのではなく、
ロボットは基本的にこういう物としてるみたい。

f0154325_5422599.jpg
知っての通り、こういう風な擬人的・擬生物的な機械の描き方は、
私個人としてはNGなのですが、これは面白いから許す(←自分勝手)

f0154325_5424691.jpg
ところで、もちろん現場にあまり影響されないといっても、
声優的な仕事は残るわけですが、こういうと失礼かもしれないが、
声優はよっぽど不自然でない限りは一応、作品自体は成立はする。
それは大して経験もない芸能人が、やっていることでも証明されている。
この作品にしたって、草刈正雄さんですからね(まあうまくやってましたが)

f0154325_551963.jpg
といっても、最近の声優は競争率が激しいので、実力だけは確かだが…
しかし、だからなのか、声優の世界が実力や努力だけでは、
どうにもならない世界だということを忘れてる気がする…

次回もこれと同系統の個性的な大作2つとなります。
[PR]

  by s_h_i_g_e_y_a_n | 2014-06-17 05:53 | 隠れた名作

現場!

今回も前回に引き続き
現場が大きく影響した2作品を紹介します。
まずひとつめ、
f0154325_0303479.jpg
「ROOKIES」(もちろん映画・ドラマ両方です)

f0154325_031046.jpg
以前ご紹介した「デスノート」と同じ、集英社の漫画が原作の作品である。
そして「デスノート」と同様、原作よりも出来のいい物になっている作品である。
有望な若手俳優の生き生きとした演技が、この作品をより素晴らしいものにしているという事は、皆さんもご理解できるでしょう。

f0154325_0311688.jpg
特に私の一押しは平塚役の桐谷健太さん、新庄役の城田優さんの2人です。
重要な脇役で、作中、非常に効いていました。

f0154325_0322777.jpg
そして、私の好きなのは映画です。
私はこの作品の主人公は、安仁屋だと思ってます。
彼らはたった1、2年がんばっただけで甲子園に行ってしまう才能豊かな方たちですが、その象徴とも言える安仁屋の心情こそが、このドラマのもっとも汲み取るべき点だと思っているからです。映画は、それを見事に描いています。
実はストーリーの全体の流れも、原作とは少し違うのですが、むしろ、そこも良かった。

2つ目は不朽の名作、
f0154325_0324770.jpg
「スクールウォーズ」

f0154325_0332891.jpg
古い作品なので、表現が稚拙な所もありますが、
主演の山下真司さんはじめ、その後、大映ドラマの主軸となる松村雄基さん、伊藤かずえさんなど、若かりし頃の大御所俳優らのラグビーのタックル宜しく体当たりの真摯な演技が光ります。
日本のラグビー人口はこの作品に支えられているといっても過言ではない。

f0154325_63894.jpg
この頃の不良は、好きでグレている訳ではなく、境遇がそうさせたと思わせる人物が多いです。
社会復帰できない前科者みたいな…
という訳で続編の〝2〟はそんな感じの内容ですね。

f0154325_1204144.jpg
さて、新旧のいわゆる不良更生モノが並んだわけですが、
比較すると前者は女性に、後者は男性に人気があるように思います。
ところで最近、男性は草食系、肉食系2極化が進んでいますよね。
その事と関係があるように思います。
それと、前述してるように、不良の傾向も昔と今では違う。
今は、ステータスにもなってる感じですか。
要するに、現在の不良は女性ウケを狙ってる部分があるということです。

次回はこれまでと逆に、現場にはあまり影響されないタイプの作品を紹介したい。
[PR]

  by s_h_i_g_e_y_a_n | 2014-06-10 00:37 | 大作を違った視点で見る

空飛ぶタイヤ

今回は、シナリオのみならず、(撮影の)現場の満足度が
作品の完成度を非常に大きく左右した作品を紹介します。

「空飛ぶタイヤ」
f0154325_184853.jpg
以前紹介した、私の好きな仲村トオルさん主演の
本格社会派ドラマです。

f0154325_1233970.jpg
もちろん他の俳優さんも素晴らしい方ばかりだが、
そのキラ星のごとくの役者たちを、敢えて脇に据えて、
あくまで、この人メインの作りにしているのは正解。

f0154325_183571.jpg
現実的な内容のはずだが、実はところどころ、それはないよ、
という、おかしなところがちらほら出てくる作品ではあるのですが、
ややもするとそれが理由で、冷めてしまう所を

f0154325_19197.jpg
演技者の熱演が良くカバーしている作品です。
仲村トオルさんの鬼気迫る演技による説得力がなかったら、
しらけてしまう可能性も多々あったはずだ。

f0154325_182481.jpg
とはいえその原作にしろ、これ以上ない程、素晴らしい物でした。
題材が難し過ぎたのです。

f0154325_18910.jpg
正統派なシリアスドラマでしたが、実の所、こういう正統派ドラマは意外に少なく、
そういう意味でも、非常に価値のある一作でした。

次回は、やはり現場が大きな力を発揮した2作品。
[PR]

  by s_h_i_g_e_y_a_n | 2014-06-01 00:02 | 隠れた名作

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE