<   2008年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

フィクション

すみません。わかりにくい表現がございますので説明いたします。

私は良く「フィクション」と言う言葉を使いますが、
この場合、現実に投影可能なタイプの作り話(ショーシャンク・メジャーリーグ等)と言う意味で、
リアリティとはかけ離れ現実に投影不可能な、
〝物理法則を無視した漫画やギャグやホラーといった類とは違う〟と言うことで引用しています。
もちろん、実話を元にしたもの(ザ・ハリケーン・タイタニック等)つまり
〝ノンフィクションの対義語〟としての意味あいとしても使ってますので。

だから、タイプ分けすると、
現実を無視した全くのおとぎ話。
現実味のある作り話(私の言うフィクションはこれにあたる)。
実話を元にしたノンフィクション。

3通りあるわけです。

もっとも実話を元にしたものだろうが、史実だろうが結局はフィクションだと思うし。
だから、逆に実話を基にしたものの方がかえって、以前紹介した太閤記のように自由な表現をしてもいいと思う部分もあるわけです。
[PR]

  by s_h_i_g_e_y_a_n | 2008-05-29 04:44

ザ・ハリケーン

あ~随分長いこと引っ張ってしまったね。
大変長らくお待たせしました!!!
例のショーシャンクと主張したい部分において、
対照的な作品として紹介するのは「ザ・ハリケーン」
(デーヴと同様、名前が良くない。センスは感じるけど…)

同じ監獄ものです。
f0154325_1535413.jpg
まず、この作品も主人公は優れた人物である。
しかし、この作品の場合、彼だけがそうなのではなく、
他にも素晴らしい人間が登場することで成り立っている。

f0154325_15354770.jpg

しかも、人間的弱さを見せながら、
決して凡庸ではなく、非常に尊い稀有な人間達である。
私が心を満たす作品はこういうものです。

ただこの作品はメジャーリーグでも触れた事なんですが、
吹き替えがあまり良くない感がある、個人的な好みなのかもしれないが…
だから、できれば字幕で観て欲しい。
(もっとも私が観たのと同じバージョンである保証はないですが)
f0154325_1536768.jpg

それとなんと看守が、ショーシャンクと同じ俳優である。
これは、偶然なのか?
しかも、そのキャラクターが正反対なのがまさに象徴的である。
彼もまた、主人公を支援する数少ない1人である(1人で法廷に顔を見せるほど)。

f0154325_15384915.jpg
助ける方も助けられる方も完璧じゃない。
挫けそうになったり、軽率で認識の甘さを思い知らされたり、
みんながそれぞれに活躍し、みんながそれぞれに苦悩し、
その辺の人間味が非常に良くわかる。
各々の立場の人間たちに普通に共感できるのだ。

f0154325_15363039.jpg

それが人間じゃないだろうか? それが世の中じゃないだろうか?
もちろん、創作物なのだから、表現は自由である。

しかし、作り物とは言え、
観てる人の尺度に影響を及ぼしかねない訳である。
だから、リアルさがないものは、あまり受け入れがたい。
はじめからそういう意図で作られているのならいいが、
写実的なフィクションやノンフィクションであるならば、
f0154325_15352234.jpg

世の中の〝希望や展望〟の縮図であるべきなのだ。
そうあって欲しいというのは
我がままなのでしょうか?

次回は、ちょっと忙しいのであいだがあくと思います<(__)>
[PR]

  by s_h_i_g_e_y_a_n | 2008-05-27 15:33 | 隠れた名作

いよいよ

大変長らく、お待たせいたしました!
仕事は忙しいけど、執筆終了しました。
2・3日中に更新を再開する事を、ここにお約束いたします!!
[PR]

  by s_h_i_g_e_y_a_n | 2008-05-24 03:36

大丈夫!


左手をケガしちゃいました( ´∀`)あはっ

クラフトのこぎりで勢いよく、やっちゃいました
[PR]

  by s_h_i_g_e_y_a_n | 2008-05-11 02:52

ホントにあとちょっと。

実は今、「新撰組」の話を書いてます。
一応、仕事しながらだから大変でしたが、
どうにか最後までは書きあがっていて、あとはツメだけなので、
終わったら、ちゃんと映画も紹介していくんで、
宜しくねっ!
[PR]

  by s_h_i_g_e_y_a_n | 2008-05-05 18:46

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE