g@me

日本が世界に誇る頭脳系映画「g@me」
この作品は、前出の世界の名作に堂々と立ち向かえます。

出だしからカッコイイ。
カッコイイ作品は、カッコだけで終わってしまうのも多いが、
この映画は違う。
f0154325_1393740.jpg
俳優もカッコイイ。見た目も内容もある作品だ。
藤木直人さんが出てる作品は、
(彼は良くも悪くもホントにいろんな役をやっている)

f0154325_1465779.jpg
私は結構観てる方だと思うけど、この作品が、一番ハマっているように感じた。

逆に、相手方の仲間由紀恵さんが疑問あり。
彼女はこういうわがままキャラは、似合わないと思う。
f0154325_1482971.jpg

さて、内容の方はと言うと、
全体的にハリウッド映画なんかに比べると、
さすがに見た目上、見劣りする感があるのは仕方のないこと。
(今現時点で日本の作品にそれを求めるのはちょっと酷です)

f0154325_1524718.jpg

前述のように、藤木直人さんは配役・キャラともに文句なし。
仲間さんは、合ってない以上に、
ああいう落ち着かないキャラだと、
何をしでかしてもおかしくないので、
ついつい裏を勘ぐってしまう。

f0154325_2244035.jpg
展開が展開なので、もっと落ち着いたキャラクターの方が、
インパクトが強かったのではないか?

そして、恋愛面でもその方が自然だ。
ああいうキャラの組み合わせだと、
ホントに好き合ってると感じられる瞬間がない。

思い切って、しっとりしたお嬢様キャラでもいいくらいだった。

f0154325_1541860.jpg
アレッ、てことは配役自体は彼女で、OKなんじゃない?
もったいないなー ○| ̄|_
ただ、タイトルからして、制作者の自信がみなぎっているから、
もっと深い恋愛を描こうしたのかもしれない。
欲をかいたのか。
f0154325_2214621.jpg
残念ながら、その点は上手くいっていない。

原作は、東野圭吾さんの「ゲームの名は誘拐」と言う作品だそうで、
そっち方は、その点どうなんだろう? 知る由もない。

f0154325_156879.jpg
その辺りがもったいない作品ですが、
それでも私は〝日本至上最高の頭脳系映画〟に押します。

似たような展開でも、
「マッチスティックメン」「ユージュアルサスペクツ」
なんかより、よっぽどこっちが上でしょ。

次回は、総合アクション系の名作を順次紹介します。
[PR]

  by s_h_i_g_e_y_a_n | 2008-09-05 02:00 | 日本の作品

<< 総合アクション系 サスペンス頭脳系 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE